豆乳は健康食品なのか、栄養素のもつ二面性

昨今の健康志向は、やや商業化されすぎていると感じているがそれは、この経済社会の中では、必然的な流れであり、避けて通ることはできないだろう。

必要なのは、そこの企業が書いている宣伝を鵜呑みにすのではなく、自分でしっかり認識することだ。そのために栄養学は現代人にとって一番必要で使える知識かもしれない。

また医学にもいえることだが、医学や栄養学の知識は本当に大きく変化する。

少し前まで【優良】と評されていた成分や栄養素が【有害】と塗替えられることが日常である。このような変化に対しては、時とともにエビデンスが増えていき新しい見解が生まれるので仕方がない。そうゆうものだと受けて止めていくことが大事になるだろう。

あまりにもひとつのことを信じ過ぎてしまうことも、真実から、望む結果から遠のく原因になる可能性がある。

その代表的な例が【豆乳】である。豆乳には大豆の成分のイソフラボンが多く含まれていることから、昨今健康飲料の代名詞となっている。大豆イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」(卵胞ホルモン)に似た働きをし、女性の美しさや若々しさを手助けしてくれると言われている。加齢とともにエストロゲンは加齢とともに減少していくため大豆で作られた【豆乳】を摂取することでイソフラボンを補充でき、エストロゲンの不足と補ってくれるというもである。

かし大豆は、すべての豆科植物と同じように、アンチニュートリエント(反栄養素)と呼ばれるファイトケミカルを含んでいる。そして大豆は他の豆類よりもアンチニュートリエントが多い。

反栄養素と呼ばれるアンチニュートリエントは私達の体にとって悪い影響を及ぼすことがわかっており、具体的な作用としては、タンパク質の消化能力を阻害。次にカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などの重要なミネラルを吸収する能力をブロックする働きがあるのだ。

豆乳にはイソフラボンという優良成分が含まれているが、それを摂取するために、飲んでしまうとこれらの作用を引き起こすアンチニュートリエントを多く摂取してしまうことになる。

大豆自体が悪いわけではなく、豆乳という飲み方にも原因がある。豆に含まえれるアンチニュートリエントは水に浸けることで多くが水に移る。

豆類は調理の際、水に浸すことで、アンチニュートリエントを減少させることができるのだが、豆乳の場合は、この水に浸けた豆汁自体が豆乳となっているためアンチニュートリエントの固まりなのだ。アメリカでは【SOY FREE】という書かれた食材が多くある。【これは豆乳が入っていません】と入っていないことがもはやアピール対象になっているのだ。

健康のために積極的に豆乳を取るものが入れば、健康のために豆乳をさけるものもいて、目的が同じ健康であっても正反対である。

栄養素とはバランスを摂ることがとても重要であるといえるため、いいというものでそればかりを摂取するという極端なことは避けたいものである。

 

2019年はゴールデンウィークが10連休であるとのこと。

勤務医の私にとっては10連休は無縁なのだが、天気もよく過ごしやすそうな連休になりそうだ。

日頃の疲れを解消することも、健康にとってもは非常に重要なことである。

リフレッシュな時間をぜひ過ごしてほしいと思う。

私もリフレッシュすることを意識して過ごしたいものだ。